北上事務所
0197-65-7439
お問い合わせフォーム

木の香の家

代表白鳥のブログ

展示場物語 63話復活

6月にサーバー移行した際、展示場物語の63話データーが紛失していたため

7月はその復活作業で終了しました(--;

8月から続きを掲載していきますm(__)m 

Posted at: 2018.7.17(火)

夏休み お子様と一緒にプロスポーツ観戦チケットプレゼント GET続々

夏休みの恒例企画 お子さまと一緒にプロスポーツを観戦しよう!

 

に、ご応募いただきましてありがとうございます(^^)

 

チケットをGETした小学生のお子様をご紹介しております。

Posted at: 2018.7. 7(土)

【 流れに従って生きる ACT57:株主総会 】

ACT57  株主総会

 

 株主総会まであと1~2時間となったとき、牧田から電話ありました。

 

 電話の内容は、E氏からの「株主総会の開催方法について」の意見だと気づきました。

 


 
 私はE氏と株主総会の日まで一度も顔を合わせることなく、電話やメールも無視し続けていました。

 

 どんな揺さぶりにも耐えて無視し続けました。

 

 そんな怒りを買うような関係の上、よりによって株主総会の日にST様邸の土台敷を見に来て「白鳥に客取られたぁ!」と激怒していたE氏なのです。

 

 完全に火に油を注いだ状態で、メラメラを沸騰していることは想像できました。

 

 きっととんでもない先手を打ってくるだろう・・という恐怖を感じていたので、私は心臓が止まる思いでした。

 

 

 牧田からの電話内容は、あまりにも想定外なものでした。

 

 

 

牧田「今日の株主総会・・」
 
 
 
  

 


 
  「Eさんが・・」
 
 
 

 

 

 

 
 
 「Ho建材の社長と顔合わせるの嫌だから欠席するって・・」

 
  

  

 


私 「・・・」

 
 

 

 
 
私 「はぁぁ!??」
 

  

 

 


 
牧田 「Eさんから、『決算書見せて説明して来い』って言われたよ」
 
 

 

 

 
 
私は、へなへな・・と、腰が抜けるような感覚を持ちました。 

正確に言うと、心の中で腰は抜けていました。
 

 
 
どこかで拍子抜けし、どこかで安堵して、何とも言えない複雑なモヤモヤ感が湧いてきました。
 
 最終的には「安堵感」が心と体の中を埋め尽くしました。

 目の前の景色が、急に明るく見えました。青い空も緑の木々も不思議と明るく見えました。 

 

 

 E氏にHo建材の社長が株主総会を欠席する話はしていなかったことが、思わぬ効果を発揮しました。 


 
 
  

 結局、株主総会は、私と牧田の2人だけで、ファミレスで行うこととなりました。

 いろいろ事前に考えて刑事事件の想定も立てていたのに、肩透かしをくらった株主総会になりました。

 牧田から決算書をもらって、私からE氏の社長解任議案の文章を手渡しました。欠席裁判という形になりましたが、欠席した者が悪く、委任状で60%の議決権をゆだねられていたので、もちろんスムーズに成立しました。
 
 

 

 こんなに荒れること無くこの議案が決まるとは、まったく想定していなかったうれしい出来事でした。

 

 


本当にあっけないものでした。

 


2人は、この拍子抜けにニコニコしながらコーヒーを飲んでいました。

 


 しかし牧田には心配事がひとつあるという話をされました。


牧田「今まで建てたお客さまが動揺しなければいいがなぁ」・・ということです。

 

たまたま偶然ですが、翌日からSTさま邸の建て方だったので、「クレーンはWGさんに頼んであるから、WGさんにはそれとなく言っておくよ」と私は伝えました。他のお客様にはお手紙すれば大丈夫だろうということで話はまとまりました。

 

 

 そして、翌日、牧田から緊急議案の決議をE氏に伝えるということだったので、

E氏から私に電話があるだろうとことも話し合いました。

 

多分、一度、3人で会うことになるだろう・・と。

 

 

明日が、本当に最後の日であることを牧田と確認しました。

  

  

 

 

 


 しかし、この最後の日に、全く想定していなかった・・ありえない出来事が起こるのでした。
 

 

 

 

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます * 

 

Posted at: 2018.7. 1(日)

新住協 東北地区大会 in 十和田

今週、十和田に新住協東北地区大会に行ってきました。

 

最近、めちゃめちゃ忙しくて、ブログの更新も忘れるほどです(--;

 

でも、新住協の勉強会は刺激になるのでなんとか行ってます(^^;

 

IMG_0948.jpg 

木製サッシ工場も見てきました。

IMG_0927.jpg  

会員工務店さんの作品も見て回りました。

IMG_0943.jpg 

 

懇親会でも本音トークで情報収集です(^^)

IMG_0946.jpg

 

この2次会での話が良いネタが多いのです!

Posted at: 2018.6.29(金)

【 流れに従って生きる ACT56:株主総会の日 】

 

ACT56:株主総会の日

 

 2002年1月下旬。

 とうとう株主総会の日が来てしまいました。

 
 株主総会の日は、なんとST様邸(仙台市青葉区)の土台敷きの日に重なりました。


これも不思議な縁なのでしょうか・・。

 

 

株主総会はその日の夕方からでした。

 

私は朝から緊張しており、朝ごはんも喉を通りませんでした。

その日は11時頃にST様の現場に行き、土台敷きで時間を潰しながら、気持ちの整理をして夕方の株主総会に行こうと決めていました。

 

そんな緊張していた朝9時頃です。

 
現場で土台を敷いていたT大工さんから私に電話が入りました。
  

T大工さん 「いま、例の社長(E氏)が現場の前を車でゆっくり素通りしながら工事看板なんかをじろじろ見て行ったぞ!」

私 「まさかぁ・・。現場の場所は知っているはずだけど、契約を断られたお客さん(ST様)の偵察にいちいち来ますかねぇ。」

T大工さん 「いや、あの目は忘れねぇ!間違いない。やつだ!」

 

 私は背中に寒いものを感じました。

 

 

 真相を確かめるべく牧田に電話をして聞いてみると・・、E氏は本当に現場に物色に行ったようで、事務所に戻ってから「白鳥に客取られたぁ!」と怒鳴っていたという話を聞きました。

 

つくづく執念深いと思わされました。

 

 また、そんな怒鳴っている精神状態の中で、株主総会による社長解任の緊急議決なんかしたら、本当にブレーキが壊れた暴走車のようになって、E氏は包丁で私の体を斜めにメッタ切りするのではないか・・、そんな想像が湧いてきて、私は急に震えるような症状に見舞われました。

 

 株主総会は夕方からでした。

 以前にも述べましたが、Ho建材の社長は、「もう、自分が出るべきことでもない。4割の議決権を白鳥君にゆだねる書面を書くから、あとは3人で決めなさい。」と株主総会の欠席を決めていました。

 社長の身の安全を考えれば、そのほうがいいと思いました。

 


 11時頃に現場についてT大工さんと株主総会についての話をしている間も恐怖感は消えませんでした。

 T大工さんからも「とりあえず命だけは落とさないように逃げるんだぞ」と縁起でもない応援をいただきました。

 


 私「よりによってこんな日に、この現場を見て怒鳴っていたみたいだからタイミング悪すぎですよね・・。

   E氏がなにか企んでくるかもしれないですよ・・(;_;)。ホント死にたくないですよ」

 


 私が心配したことは、頭に血がのぼっているE氏が、夕方の株主総会までの間に先手を打って、私をおとしいれる画策をしてくるのではという可能性でした。

「客取られたぁ!」と激怒していたのであればやりかねない・・(--;)

 


 昼ご飯は、緊張のあまり喉を通らず、結局 朝食・昼食ともとらず、しかし空腹感も感じず緊張で胃がいっぱいの状態でした。

 

 時間は午後2時・・午後3時・・と、刻一刻と恐怖の株主総会の時間に近づいてきました。

 


 E氏が何かを企んでいるのでは・・という恐怖感で胃が痛くなる思いでした。

 

 


 そして4時頃、ついに牧田から電話が入りました。

 


 株主総会の具体的な最終確認だと察しました。

 


 私「もしもし?」

 

 私は震える声で電話に出ました。

 


 牧田「ああ俺、株主総会の件でちょっといい?」


 牧田の声は少し重く感じられました。

 

 


 私はドキドキしながら「う・うんいいよ。」

 


 牧田「株主総会の件でEさんから・・」

 

 

 


 私は生唾を飲むような感じで何か企てられるのかと緊張感MAXになりました。

 

  

 


そして次の瞬間、想定外の電話内容に驚くことになるのでした。

 

 

 

 

 

*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2018.6. 1(金)

この「家」にしてよかった。vol.2が届きました(^^)

 

この「家」にしてよかった。の続編が届きました!

 

20180513この家2.jpg 

巻頭にvol.1を読まれた読者さんからの一説が掲載されております。

  

20180513この家22.jpg

高断熱住宅という住宅の存在を知り、そこからいろいろ調べていくことで、

「言葉は同じでも中身には差が大きくある」ということに気づくことが大切ですね。

 

Posted at: 2018.5.13(日)

【流れに従って生きる ACT55:株主総会のシュミレーション】

 

ACT55:株主総会のシュミレーション

 

株主総会の議決権60%を持つことになった私は、不安感と『恐怖感』も持ちつつ牧田にHo建材社長の考え方を説明しました。

 

その話を聞いた牧田は腹をくくったようで、牧田が代表を継いだときの拠点となる事務所の事や、どのタイミングで株主総会をするのかなどの調整に入りました。

 

そして、その後、数回の打ち合わせを経て大筋の話が決まりました。


〇 株主総会は年明けの1月下旬。場所は、会社と決まりました

〇 新しい事務所は、牧田が社長となる「㈱木の香の家」 と 私の「木の香の家‐木精空間」 と 時々出演する「(有)エコプロジェクト」KAさんの3社でシェアしようとなりました。

 

〇 さらに、異例の注意点も打ち合わせしました。

それは、「印鑑と通帳の没収方法」と「各々の避難経路」です。

 


 社長解任という緊急議決が決議された際・・、もしE氏が大声で喚きだしたら、私がなんとか時間を稼ぎ、その隙を見て牧田は『印鑑と通帳』を2階の机から取り出すること。そして・・もう1つ、キッチンの包丁やナイフは牧田が事前に隠しておくこと・・です。

 
この2つは、とても重要な打ち合わせ事項でした。

 
 今までの行動から予測するに、E氏が逆上して通帳と印鑑を持って恫喝して手離さない可能性も考えられました。また、頭に血が上ったE氏が、包丁を振り回して刑事事件に発展する可能性も否定できなかったからです。

 

私も、いざというときの避難経路をシュミレーションしました。

 

 

 牧田が通帳と印鑑を取り上げたら、牧田は玄関ドアから・・俺はテラスドアから逃げるのかなぁ。時間稼ぎの会話次第では2階に行かざるを得なかった場合は、どの窓から逃げるか・・、恐怖のあまり腰が抜けて動けなくなったらどうしよう・・など、こんなところで命を落とすわけには行かないと真剣に逃げ方を考えました。

 
こんな計画を立てる株主総会なんて・・と、どきどきして打ち合わせしていたことを思い出します。

 

  

* * * * * *


 話は変わりますが、牧田との会議のなかで塩釜市のクレーン屋さんWGさまの現場の話にもなりました。


私「そういえばWGさまの現場、T大工さんがダメになって、結局WGさんのお勧めする大工さんで建築できたの?」

 

牧田「それが、WGさまのお勧め大工さんも忙しいということで、結局、こっちの伝手で紹介してもらった大工さんで施工したんだ」

 

 私「そっか、いずれにせよ完成してよかったよ。今度から仙台の現場で建て方するときにはWGさまにクレーンをお願いしようと思っててさ。WGさまの打ち合わせ途中で俺は会社を辞めたけど、一時期給料をもらっていた恩はあるからね。円満に完成したのであればクレーン依頼しやすいや」

  

* * * * * *

 


 この会議の翌日から、私はST邸の現場の基礎工事を見ながら新しい事務所探しをしました。

 

 いろいろ探していると、1ヶ月くらいでようやく3人の都合に良さそうな物件が見つかりました。そのビルがある場所は、牧田は徒歩で通える範囲、KAさんも自宅から車で5分、そして、私の最大のメリットはサッカー場の仙台スタジアムまで歩いて5分の立地条件でした。


 その年ベガルタ仙台は、みごとJ1に昇格し、私は翌年の年間シートを買うつもりでした。そのため、会社に駐車してサッカーを見に歩いていけるこの立地は、私にとって非常に都合よかったのです。しかも、ビルの2階といういい場所で眺めもいい。たまたま1ヶ月前にそこを借りていた会社(塾)が手狭ということで、4・5階に移ったというのです。ある意味出世部屋です!。

 家賃も予想外に安く掘り出し物で、これも「流れ」と思い即決しました。

 これで、牧田が代表になったときの拠点も確保したのでした。

   


そして、ついに運命の株主総会の日を迎えるのでした。

  

 

 

どんな株主総会だったのか・・

 

 


それは次回

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

Posted at: 2018.5. 1(火)

社内研修会 with 福井建設さん

 

今週の17日・18日と1泊2日で 山形県の福井建設さんと合同の勉強会をしました(^^)

 

場所は紫波オガールプラザです。

 

オガールプラザが何故うまく稼働しているのか、コンセプトなども含めて建築以外の面でも非常に勉強になりました。 

IMG_20180417_130516.jpg 

IMG_20180417_162151.jpg 

夜は飲みながらマル秘資料で福井建設さんと本音トーク勉強会(^^)b

 

IMG_20180417_191422.jpg 

 

刺激的なお話でした。

 

翌日もエネルギーステーションや展示場なども見学してきました。

IMG_20180417_161801.jpg 

IMG_0537.jpg 

IMG_20180418_104528.jpg 

IMG_20180418_113450.jpg 

こういう他の同業者さんとの研修会もいいもんですね(^^)

 

 

福井建設さんありがとうございました。

 

【福井建設さんのWEBサイト】です。

 

Posted at: 2018.4.20(金)

日本一のリンゴジュース

 

今日・・気づいたのですが、『これはうまいっす』 シリーズで肝心の「リンゴジュース」をご紹介するの忘れてました(><)

(もしくは、カテゴリー分けしないで過去に掲載しているかもしれません)

 

リンゴジュース.jpg 

オイカワリンゴ園さん(ミズサキノートさん)のリンゴジュースは、

普通の100%リンゴジュースと違います。

 

後味が非常に素晴らしい。

なんでこんなに違うの?・・と不思議なくらいです(^^)

 

お客様からも「あのリンゴジュースはうまい」と感想を言われます(^^)

我が家の子供も「あ!おいしいリンゴジュースだ!」と枕詞を付けてこのジュースを表現します。

  

是非、ミズサキノートさんのフェイスブックページからお問合せしてみてください。

 

https://www.facebook.com/mizusakinote/

 ↑ミズサキノートさんフェイスブック↑

Posted at: 2018.4.14(土)

【流れに従って生きる ACT54:株主総会前のHo建材社長の指示 】

 

ACT54:株主総会前のHo建材社長の指示

 

牧田が重い腰を上げて「㈱木の香の家の社長をしてもいいよ」と言ってくれたので、私は早速Ho建材の社長のところに相談に行きました。株主総会の開催時期の話もあったのでタイミングの良い訪問になりました。

 

私は、簡単なあいさつを終えて、すぐに本題に入りました。

 

私「株主総会のお話もあるのですが、牧田が社長をやっても良いと言ってくれました。今後どう進めるのがよろしいでしょうか」

 

 

Ho建材の社長は簡略的に話してくれました。

 

 1:E氏と会いたくないのと、そんな会議に時間を使っている暇も無いということで株主総会は欠席する
  


 2:大株主であるHo建材社長の40%の議決権は全て委任状を付けて、私(白鳥)に議決権をゆだねる

 

 3:E氏をどうするか、牧田をどうするかは任せる

 

 4:もし牧田が社長になった場合、株はどうするのかを整理すること

 

 私は、もともと20%の議決権(20%の出資金)を持っていたので、Ho建材の社長の40%の議決権と合わせると、つまり60%の議決権を私1人が持つということになるのです。

 

「議決権60%」というのを口で言うのは簡単ですが、今まで感じたことのない変なプレッシャーを私は感じ始めました。

 

 自分の判断で人の人生をどうにでも出来てしまう・・という漫画の世界のような話が現実に起きているのです。

 

 私1人が「E氏を解任する」といえば、当然E氏は解任で人生のレールが変わる。

 

 逆に私が株主総会の会議の中で心変って、「E氏は社長続投」と言ってしまえば、E氏は社長の社長を継続できるのです。

  


 私が「牧田を社長」といえば牧田が社長で、心変って「いっそのこと私が社長をする」といえば、㈱木の香の家は、実質、私の会社になるのです。

 

 


 私は、帰りの車中、「『株』ってこんな恐ろしい社会ルールなのか・・」と、このような境遇になって初めて身に染みて感じることになるのでした。

 悪く言えば、私1人の気分で他人を操ったり、他人の人生を変えたりしてしまうのです。

  

 

 


良い気持ちはしませんでした。
  

 

 

私はどういう決断を下して、どう言えばいいのか・・

 

 

本人を目の前にして、大ナタを振り下ろせるのか・・

 

 

 
その場で恫喝されて、心変わりしないのか・・

 


 
刺さて殺人事件にならないのか・・

 


 
 
不安が増してきました。

 


 私は、早々にもう一度牧田と会うことにしました。
 牧田の気持ちの再確認と、『株』をどうするか・・などを整理しないと、自分だけでは最終判断できないと思ったためです。

 

 

 昔、ホリエモンが株式公開買い付けという方法で、株式会社の筆頭株主になっていった賢い出来事がありました。

 その行動には賛否両論があると思いますし、その話の規模とは天と地ほど差はありますが、『株』という社会ルールは私には重いなぁ・・という印象だけは身に染みました。

 

 


*【流れに従って生きる】は毎月1日に更新していきます *

 

 

Posted at: 2018.4. 1(日)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

skogのいえ